求道会館は、仏教界の刷新を志し欧州の宗教事情をつぶさに経験してきた若き日の近角常観の注文に基づき、新進気鋭の建築家として全く同時期にヨーロッパ近代建築の新潮流を学びその日本への定着を試みてきた武田五一が12年にわたる設計期間の末に生み出したものである。
 近角はこの建築のさらに10年後、老朽化していた木造の求道学舎の建て替えも同じく武田に依頼し近代建築による欧州形式の寄宿舎(2006年再生)を作り、この求道会館に調和した宗教空間を作り出している。

 昭和16年に常観が没したあとは弟の近角常音がその活動を受け継いだ。そして常音が昭和28年に亡くなったあと会館は長く閉鎖されることになった。平成6年に東京都の有形文化財に指定され、平成8年から6年間修復工事が行なわれ、平成14年6月にオープンした。



屋根は二重野地(木造+センチュリーボード)ガムロンシート防水 石綿スレート菱葺一部銅板葺
外壁はモルタル塗一部煉瓦
正面ファサード・玄関ポーチはタイル貼(備前伊部) 一部洗い出しモルタル
笠石は特殊コンクリート(フェロコンクリート)

設計 武田五一 延床面積施工 149.141坪(492.93m)
復原工事設計監理 文化財工学研究所 階数 地上2階
施工 初代戸田利兵衛(戸田組) 構造 煉瓦造 一部鉄筋コンクリート造
復原工事施工 戸田建設 原設計設計期間 1903年頃〜1915年
主要規模 梁行47.11尺(14.274m)
桁行79.305尺(24.029m)
原設計施工期間 1915年5月〜1915年11月
建築面積 88.877坪(293.75m) 復原工事設計期間 1996年9月〜2002年3月